ホームページへはこちら

中級

ブラシ

#147 中級:ブラシでのコンピング – その1

基準となる動きを作っていき、それを発展させていきます。すべて「右」でも「左」でも入れられるように!そしてリズムに戻れるように。重要なのは「そう聴こえること!」その為に「省略するとこ」「それに伴い補助する」などを発展させていきます。でも硬く考えすぎないように!
Solo

#145 中級:ジャズ・ソロ定番フレーズその1(Solo – Part 3-01)

これをわかっていないとソロは厳しい!「平坦」な「起伏」のないソロがこれを混ぜることで格段に「ドラマチック」なソロに変わる。わかってしまえば簡単楽チン!ですが、『Philly Joe Jones』のフレーズをこう捉えると「理解」できるようになるでしょう。
Tech

#144 中級:シングルストローク-その1(考察)

2つのトレーニング方法を通して色々学んでいきます。歴が長い人は「思い込みを外していく」という方が近いかもしれません。単なる「シングルストローク」ですからとナメているともはや先はないでしょう。ここで一言「力で解決できるものなどそうそうありません。」
Solo

#143 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。

ドラムソロが上手く出来ない、ジャズっぽくならない。なんて人はメロディー感が育っていないという人がかなりいますので、今回はこの様な練習方法をご紹介します。良いドラマーは「ドラマーは頭の中にどんなメロディーが鳴ってるかがほぼ全て」であると。
マーチSolo曲

#142 中級:マーチ入門 実践編

入門用に作った曲で、聞き覚えのあるフレーズで、つなぎも難しく無く、大きなノリが感じられるように作ってあります。最後の「フラマキュー」などはルーディメンツの中でも難しい部類ですが少しづつ触れていくようにしましょう。左足のカウントは忘れてはなりません!
ルーディメンツ

#141 中級:フラム – 入門編 仕組みと練習の仕方

フラムの習得は難しいです。なぜなら「テンポに合わせた適正な振り上げ高」「適切なストローク」を習得しなければ、マスターとは至らないからです。そうとうに「マーチ」の曲を積み重ねてやらねば無理でしょう。ですのでその「マーチ」の練習に入るための準備として紹介いたします。
マーチSolo曲

#140 中級:マーチのソロ曲をやるにあたって

ただやってるだけは、ほぼ効果が失われてしまうと言ってもいいぐらい雲泥の差がつきます。少しづつ習慣化することによって全ての練習の効率性、伸び代なんかも変わっていくでしょう。重要ですが、問題点も。動画の方でその問題点を汲み取っていただけたら幸いです。
マーチSolo曲

#138 中級:5ストローク – その2

今回の実演は中級では無理なテンポですが、あえて紹介してあります。実際には少しテンポを落としてやってみて下さい。5ストロークを通していつでもどこでもダブルストロークを入れられるようにするのが目的。5ストロークだけ出来てても意味がない。
マーチSolo曲

#137 中級:5ストローク(ルーディメントとは?)

ルーディメントは単語!間違ってませんか?練習方法、覚え方!ただひたすら短いフレーズ(単語)を繰り返し練習(暗記)ても使えるようにはなりません。ルーディメンツ(単語)の前に曲(文章)が必ずあります。綴りを暗記するだけの練習はやめましょう。
ブラシ

#136 中級:ブラシの基本

自由な発想で独自の進化をしていくことが理想ですが、これからブラシを始めようとする人には「自由でいいんだよ」って言うのは一番困りますよね。そこで五つの基本形をもとに各々の動きとコツを掴んでいきましょう。スムースな動きができれば次の段階もたやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました