ホームページへはこちら

Solo

Solo

#171 上級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.05

メロディーを一生懸命覚えましたが、全くの一緒を奏でてもしょうがないのです。ドラムという楽器は音程があまりないので「主メロディーにメロディーをぶつけることができるのです。」ちゃんとした「メロディー感」が備わっていなければできないですけどね
Solo

#170 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.04

「ドラムソロがジャズっぽくならない人」何度も何度もこのBillie's Bounceを練習してきたのでこの辺で特徴を分類してみるといいでしょう。このようなことを気にし始めることでメロディー感が養われてくスピードが加速していくでしょう。
Solo

#169 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.03

「ドラムソロがジャズっぽくならない人」ただ単にフレーズを入れているだけだと、撮ってつけた感が出てしまってちっともよくなりません。そこでちょっとした工夫うや、コツを知っていると途端に良くなります。今回は手前に1個、音を置くだけです。それでも効果は抜群です。
Solo

#168 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.02

「ドラムソロがジャズっぽくならない人」今回は「メロディー」に対する決め所!とそのコツ。入れなければならない音、必要な音。合わせ方などを紹介していきます。ここまでやればBillie's Bounceのテーマは相当よくなります。大事なのは「メロディー」です。
Solo

#167 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.01

「ドラムソロがジャズっぽくならない人」その原因の一つにジャズのメロディーの特徴を捉えていないことがあげられますが、Bluesは多くの慣用句的なメロディーのパターンを覚えるのには有効な曲が多い。「Parker」の曲にも非常に有効な曲があります。「JazzはCharlie Parkerに学ぶべし!」と言うことですね!
8beat

#146 中級:指令!『8分音符を3連符に変換せよ!』

今回は3連符と16分音符を自由に行き来する訓練になりますが、このような課題の練習方法には有名な「チェンジアップ」というのがありますが、今回のそれとは別物です。要するに1つの練習方法で得られる「感覚」だけでは不十分で、別の角度からもその「感覚」を認識してより優れた「感覚」に育てていく。
Solo

#145 中級:ジャズ・ソロ定番フレーズその1(Solo – Part 3-01)

これをわかっていないとソロは厳しい!「平坦」な「起伏」のないソロがこれを混ぜることで格段に「ドラマチック」なソロに変わる。わかってしまえば簡単楽チン!ですが、『Philly Joe Jones』のフレーズをこう捉えると「理解」できるようになるでしょう。
Solo

#143 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。

ドラムソロが上手く出来ない、ジャズっぽくならない。なんて人はメロディー感が育っていないという人がかなりいますので、今回はこの様な練習方法をご紹介します。良いドラマーは「ドラマーは頭の中にどんなメロディーが鳴ってるかがほぼ全て」であると。
Solo

#134 初級: ジャズの基本!ってそこまで言う!?

ジャズだけではありませんドラムを演奏する上ではこれが「できている」か「できていない」かは根本的な違いになります。「何故そこまで?」は進めていけばおのずとわかってきますが、初級のレッスンの最後に紹介ししようかと思っているとこです。(おもいっきり未定!)
Solo

#129: 中級:Solo Part – 02 ,Ⅱ

ここまでくると立派なソロですよね。ですけどフレーズは4つだけです。要は歌わせ方が重要でまずは「Off」の方の感じを掴んでいくとうまくいきます。「On」の部類のフレーズはこれから時間をかけて覚えていきます。でも「Off」を知らないと「On」も使えない!
タイトルとURLをコピーしました