ホームページへはこちら

中級

Solo

#170 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.04

「ドラムソロがジャズっぽくならない人」何度も何度もこのBillie's Bounceを練習してきたのでこの辺で特徴を分類してみるといいでしょう。このようなことを気にし始めることでメロディー感が養われてくスピードが加速していくでしょう。
Solo

#169 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.03

「ドラムソロがジャズっぽくならない人」ただ単にフレーズを入れているだけだと、撮ってつけた感が出てしまってちっともよくなりません。そこでちょっとした工夫うや、コツを知っていると途端に良くなります。今回は手前に1個、音を置くだけです。それでも効果は抜群です。
Solo

#168 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.02

「ドラムソロがジャズっぽくならない人」今回は「メロディー」に対する決め所!とそのコツ。入れなければならない音、必要な音。合わせ方などを紹介していきます。ここまでやればBillie's Bounceのテーマは相当よくなります。大事なのは「メロディー」です。
Solo

#167 中級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.01

「ドラムソロがジャズっぽくならない人」その原因の一つにジャズのメロディーの特徴を捉えていないことがあげられますが、Bluesは多くの慣用句的なメロディーのパターンを覚えるのには有効な曲が多い。「Parker」の曲にも非常に有効な曲があります。「JazzはCharlie Parkerに学ぶべし!」と言うことですね!
ルーディメンツ

#160 中級:フラムタップでストロークを覚える!

今回の最終目標は「ストロークを覚える!」ことです。大体ほとんどの方がここらができてません。これさえできれば相当上手くなります。途端に!本当です。ですが皆さんが何故そうならないか?それは何をどう覚えようとしてるのか?が問題です。今回の練習の...
中級

#157 中級:実演とアンサンブル

「一人で練習していても絶対に上手くなりません!」今回は「実戦なしに進めていくことの危険性」を説いてるだけの項目です。「上手くなってからジャムセッションに行こうと思ってる方」とか「ただ単に怖がっている方」いませんか?そんな人は、考え方が『そもそも、間違っています。』
中級

#156 中級:シンバルレガート再確認

初級の段階では気づかなかったこと、できていると思ってしまってること、などを再確認していきます。わざわざこんなので場所を取っているのにも、この段階で必要だからです。「ダブルストローク」の仕上がり方で調整の必要がある。と言ったほうが解りやすいかも。
ブラシ

#158 中級:左手のコンピングをBDに応用(BD-01)

ジャズでのBDの扱いに悩む人は多く、そこで行き詰まることも。ですが、これまでのことがシッカリしていれば、今回の項目で案外すんなり解決に至るでしょう。実際に自由にとなると「BDのダブルストローク」を覚えないとなりませんが、その前段階としてかなり効果のある練習になります。
Tech-Trainnig

#155 中級:チェンジアップ・トレーニング02(W-str)

今後のための布石があり、発展する起点ともなります。ここで訓練しておかなければ、そのレベルに行き着くのは困難を極めるでしょう。脅しているわけではないのですが、大概の人は「W-strでのチェンジアップね〜。別にやったことあるし〜」とか言ってるのでね・・・
Tech-Trainnig

#154 中級:チェンジアップ・トレーニング01(S-str)

今回はトレーニングの最初となりますが、レベルが上がりにつれ大変なものになって来ます。ほとんどの人が「音符の種類が増えるだけ」と思ってませんか?そんなに甘いものじゃ無いです。なので最初をハショるとチンプンカンプンに!しっかりやっておきましょう!
タイトルとURLをコピーしました