ホームページへはこちら

2021-06

ルーディメンツ

#173 :Paradiddle / (R)-check(中級〜初段)

手順ではなくストロークの種類を「発声」して覚えていきます。この効果はいろいろなところに出てきます。実は今までの「中級」までの技術でだいぶ「裏」を取れるようになっているはずです。そこに「発声」をすることで「リズム感」「グルーヴ感」なども根本から変わっていきます。
ルーディメンツ

#174:ルーディメンツを応用できるようになるには!?(R)編の進め方!(中級〜初段)

「自由にパラディドルを使いこなせますか?」原因の一つに「ツヅリとして、知識としてしか覚えていない!」というのあり。捉え方に問題があります。まずは「叩く」あるいは「音が出る瞬間」を意識していませんか?「意識する」=「コントロールする箇所」なので「叩いた後」「振り上げるタイミング」などを意識しなければならないはずです。
番外編

172 番外編:レギュラーグリップ等のお話!

この話で『「レギュラーグリップ」、「シングルストローク」の問題の解決あるいは解決方法などが、わかり一気に上達する!』なんてことは決してありません!ですが、「どのように進めていき、どのようなことに注意して、どのようになっていくのが望ましいか」がわかるだけでも助けになると思われます。少しでもヒントになれば幸いです。
Solo

#171 上級:ドラムソロがジャズっぽくならない人に。Billie’s Bounce No.05

メロディーを一生懸命覚えましたが、全くの一緒を奏でてもしょうがないのです。ドラムという楽器は音程があまりないので「主メロディーにメロディーをぶつけることができるのです。」ちゃんとした「メロディー感」が備わっていなければできないですけどね
タイトルとURLをコピーしました