ホームページへはこちら

ルーディメンツ

Ritual

#485:この3つの訓練は本当に上手くなりたければ、避けられない練習です!メンバーシップ!

メンバーシップで何をやるのかを解説していきます。が、レベルによってやり方が違います。やり方については今回は初心者向けに軽くで留めておきます。さて訓練の内容ですが、1.ハンドテクニック 2.Ritual 3.Marchとこの3つです。よく何の練習していいかわからない?とか聞きますが、この訓練をやってきたものから言わすと「これをやらずに上手くなろうとしか見えない!」となります!それほどのものです!!
2024中級

#421,#422,#424:実用的なSwissルーディメンツを覚えよう!

ルーディメンツは「アメリカン・ルーディメンツ」を覚えてから「スイス・ルーディメンツ」に入る方が良いのですが、スイスルーディメンツのなかで、実用的でよく使われ効果も高いもの「Swiss-Army-Triplet」これだけは早いうちに使えるようにしておくと良い。フラムの基本から順にやっていきましょう。
Ritual

#394~#396:Ritual No.01 3str-Ruff メンバーシップ

普段の練習に是非とも取り入れてほしい「Ritual」ですが、始めるとなるとそれはそれで大変で、手を出しづらいかと思われます。特に独学では2段目・3段目で諦めてしまう人がほとんど!非常に勿体無い!そこで1からやっていきましょう〜!もうやるしか無いですね〜その3ではブラシでの練習!実はBrushを想定されているもの!?
スポンサーリンク
マーチSolo曲

#361,#362,#363:マーチSolo曲 No.002 All American Drummer-Solo73

今月はSolo-73 このNo.001とNo.002は決して簡単な曲ではありません。ではなぜこの曲を選んでるかというと。後に「Ritual」という本のトレーニングと並行して学んでいくため「Ritual」に出てくるフレーズがある曲を選んでるのです!この2つを並行して練習していくと効果が非常に高くなります。
2023中級

#364~#367:中級Soloまとめ!マーチを応用する!

マーチを練習したが、Jazzに応用できていない!そう悩んでいる人はたくさんいます!って言うかここで悩まない人はいないんじゃないでしょうか?そんな大問題!なので今回は話が長くなります。4話終われば、中級の枠内でなんとか応用できる。あるいはその方法を理解することができるでしょう。長くかかることを承知して臨んでください。
マーチSolo曲

#351,352,353:マーチSolo曲No.001・All American Drummer-Solo44

月1曲「All American Drummeer」のマーチSolo曲をじっくりやっていきます。 最初の10曲苦しみますが、徐々に慣れていきます。ドラムの上達には欠かせない練習となりますのでここで乗り越えちゃいましょう!!今回は3週に分けてやっています。 ゆっくりのテンポから焦らず鳴らしていくのがポイント!
メンバーシップ用

346:質問:フラムタップとかってどこで使えば良いんだ〜!

気持ちがよくわかる質問です。とくに昔の楽曲で名ドラマーたちの演奏では単純な音符だけではない何かしらのニュアンスが感じられることが多々あるかと思います。さりげなく手順が違って装飾音符が入ってることがよくあります。ただし自在にフラムを操れるようになるには相当な訓練が必要です。今回は実例も含めて色々話していきたいと思います。
2023中級

#344・#345:ダブルストロークのレベルアップ(実戦レベルに!)

W-strの練習。多くの人はただただ「RRLLRRLL」と叩くだけで終わっている。これでは、音楽的以前に何音符だかすらもわからず、実戦レベルには程遠い!ということになります。そこでこれからマーチSolo曲などで訓練していく前段階として今回の項目をやってみてください。よりスムースにレベルアップしていけると思います。
メンバーシップ用

#342:Flam-Method01(メンバーシップ-001)

こちらはメンバーシップ用の内容です。FlamのOriginal-Ritual01 となります。足のBD・H-hatはBossanovaのパターンでTempo=80〜 ゆっくりの方がごまかしが効かなくて良い訓練になります。初のメンバーシップ動画となっておりますので至らないところが多々あるかと思いますがご容赦m(_ _)
マーチSolo曲

#331~333:オープンロールとクローズドロール

オープンに対してクローズドと言いますが、今回は「オープン・クローズ」の①「使い分けとやり方・コツ」②「クレッシェンド・デクレッシェンド」③「その他の派生と解析の仕方」についてやっていきます。これを抑えればマーチSolo曲のロール系ルーディメンツはほ理解できると思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました