ホームページへはこちら

ルーディメンツ

スポンサーリンク
ルーディメンツ

#178: 中〜上級 パラディドル・応用トレーニング01 上級者ほどここをみっちりとやっています。

パラディドルはいろいろな基礎総合訓練として非常に効果が高いのですが、なかなかこれもやり方次第というかそれを掴むまでに時間が掛かったりと、大抵の場合行き着くまでに至らないのがよく見るパターンです。パラディドルを自由に使いこなせている方は非常に少ないのです。応用の仕方も色々なものがありますが、一部ご紹介いたします。
ルーディメンツ

#173 :Paradiddle / (R)-check(中級〜初段)

手順ではなくストロークの種類を「発声」して覚えていきます。この効果はいろいろなところに出てきます。実は今までの「中級」までの技術でだいぶ「裏」を取れるようになっているはずです。そこに「発声」をすることで「リズム感」「グルーヴ感」なども根本から変わっていきます。
ルーディメンツ

#174:ルーディメンツを応用できるようになるには!?(R)編の進め方!(中級〜初段)

「自由にパラディドルを使いこなせますか?」原因の一つに「ツヅリとして、知識としてしか覚えていない!」というのあり。捉え方に問題があります。まずは「叩く」あるいは「音が出る瞬間」を意識していませんか?「意識する」=「コントロールする箇所」なので「叩いた後」「振り上げるタイミング」などを意識しなければならないはずです。
ルーディメンツ

#160 中級:フラムタップでストロークを覚える!

今回の最終目標は「ストロークを覚える!」ことです。大体ほとんどの方がここらができてません。これさえできれば相当上手くなります。途端に!本当です。ですが皆さんが何故そうならないか?それは何をどう覚えようとしてるのか?が問題です。今回の練習の...
マーチSolo曲

#142 中級:マーチ入門 実践編

入門用に作った曲で、聞き覚えのあるフレーズで、つなぎも難しく無く、大きなノリが感じられるように作ってあります。最後の「フラマキュー」などはルーディメンツの中でも難しい部類ですが少しづつ触れていくようにしましょう。左足のカウントは忘れてはなりません!
ルーディメンツ

#141 中級:フラム – 入門編 仕組みと練習の仕方

フラムの習得は難しいです。なぜなら「テンポに合わせた適正な振り上げ高」「適切なストローク」を習得しなければ、マスターとは至らないからです。そうとうに「マーチ」の曲を積み重ねてやらねば無理でしょう。ですのでその「マーチ」の練習に入るための準備として紹介いたします。
マーチSolo曲

#139 中級:5ストローク – その3

ルーディメンツしかり、5ストロークの曲をこなした程度では、「実際に使用するまでは到底届かない」ということがおわかり頂けたかと思いますが、同時にではどうしていくかも何かしら道が見えたと思います。あとは実践あるのみです。「焦らずにじっくりと」です。
マーチSolo曲

#138 中級:5ストローク – その2

今回の実演は中級では無理なテンポですが、あえて紹介してあります。実際には少しテンポを落としてやってみて下さい。5ストロークを通していつでもどこでもダブルストロークを入れられるようにするのが目的。5ストロークだけ出来てても意味がない。
マーチSolo曲

#137 中級:5ストローク(ルーディメントとは?)

ルーディメントは単語!間違ってませんか?練習方法、覚え方!ただひたすら短いフレーズ(単語)を繰り返し練習(暗記)ても使えるようにはなりません。ルーディメンツ(単語)の前に曲(文章)が必ずあります。綴りを暗記するだけの練習はやめましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました